チヌ遊びしてたら~~

4月下旬になると桜からモチツツジの花が満開に・・・・

画像

画像


モチツツジ、徳島県では珍しくもないのですが東は静岡県、西は岡山県までで
非常に狭い範囲で生息しています。
珍しくなく珍しいツツジかな?

画像


この花が咲くころに乗っ込みチヌ(黒鯛)シーズンが始まりますが
地元ではチヌメインで釣りに行きません。
海部地区のチヌは、外道そのもので冬のグレシーズンでも
釣れたら即リリースですわ。
いつもなら3月までグレ釣りしよんやけど1月下旬から今までない低水温。
2月になると低水温がより一層きつくなりホームグランドの網代周辺の潮緑色!!
何も喰わん~~!!!!!!黒潮大蛇行の影響やろな。
3月になってから水温も上がりだして魚も戻ってきましたわ。
んなもんでチヌでもてごて、引きでも楽しむかな?
(阿波弁てがう=からかう)

ホームグランド、網代崎周辺でいつもの船越周辺より
今回は大里松原海岸木之元よりで勝負で平バエでも行くかぁぁ。
慌てず午前10時半出発で磯周りができないから山越えです。
ここも途中にお地蔵さんか道祖神かわかりませんがありまして
大漁祈願~~



画像


慌てず30分かけて山の尾根を三つ越して平バエ到着~~
「10分くらいで山越えできるぞ「」言よった釣り師がおったけど
何も持たずに来るなら行けるが絶対無理やぁぁぁ。
10分で行けるとなると竿だけ持ってきて
海藻つけて釣るエガミ(ブダイ)釣り師だけやろな。

画像


干潮が14時半で、うねりがあって波がかぶってきよる。
天気予報、波の高さ1.5mと言よったのにうそつき~~
平バエでは釣りができんなぁぁ。
釣りができるまでチョウガハエの地の地で竿出すかぁぁぁ。

画像


釣り始めて30分、ウキが沈むと同時に竿がひったくられて
これは、チヌではないなと慎重にやり取り。
道糸3号、間に2号のハリス30㌢かまして1.5号ハリス2ヒロで
根に入ろうとするもんだからグレかな?と魚影が見えて

ありゃチヌやんかぁぁ。



画像


35㌢ぐらいかな。適当なタイトプール(潮だまり)に入れて
「海に返したるけんな「」と釣りしてたらカラスがやってきて
ついばんやがる。カラス追い払うと片目喰われとる。
即、海に返してあげましたが、可哀そうなことしてしもたぁぁぁ。
チヌ1匹だけで後は、エサ取りのフグやらベラやら木っ端グレの嵐。
ウキの周りに黒いものが群がり「なんやろか?」と見ると
人差し指サイズのアオリイカがウキをエサと間違えて触りまくりやわ。

釣り始めて1時間半、そろそろ平バエに行くかぁぁぁ。

画像


まだ波が少々かぶって来るが釣りはできないことない。
1時間やって根がかりのようにウキが沈み込みゆっくり走り込む。
合わせるとズンと重く首振りだしてやっとチヌが来たわぁぁ。

2匹目GET~~


画像


測ると同時にリリース。岩の上でカラスが待ち構えとるもんな。
サシエつけて仕掛け投入するとすぐに当たり。
連チャンやないけぇぇと魚影が見えると
石鯛やぁぁぁ


画像

綺麗な縦じまで雌の石鯛。
そういや~こいつらも乗っ込みで浅瀬にきとるんやった。
うれしい外道やけど、弱ったなぁぁ。
チヌ釣りのためにスカリやドングロス持ってきとらん。
タイトプールに入れてその上にタオルかぶせといてと・・・・・
そうせんとカラスが狙っとる。カラスだけやない。
ピーヒョロロロ~~とトンビも上空クルクル回ってやがる。
もうないやろうと仕掛け投入したら即当たり。
おおっ、3連チャンやぁぁ。締め込みが強いぞ。チヌとちがう。
今度は、雄の石鯛GET~~



画像


まさか2匹、それも夫婦釣ってしもたぁぁぁ。
マキエ撒きまくって2時半納竿。
じっくり釣りたいところですが、カラスとトンビが気になって釣りにならん。
帰りの山道が軽いのなんのって。

画像


こんなのは滅多ないわぁぁぁぁ。
そうそう、遅くなりましたが鬼っ子2号、無事高校合格しました。
1号とおんなじ高校です。

画像


2人とも高校生なってこっちのチャンスゾーン
大きくなったぜ~~

ろくでもない父親です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック