退院しましたが!!!!!

右肩腱板断裂、4月19日に入院して70日目(自宅待機含む)
6月27日にやっとこ退院してきました。
退院しても100%完治ではなく65%です。
軽い日常生活できていますが、まだ右腕の動きにも制限があります。
退院と同時に書き込みたかったのですが、PCのキーボード打つにも
右肩がだるくて打てず退院して3週間、やっとまともに打てるようになりました。
今は週3回、海部病院に外来リハビリで5%ほどアップしました。

画像


5%アップしてもまだまだ先が長く、右腕、肩甲骨回り、右胸の筋肉が
やせ細ってしまい、リハビリで重り500g上にあげるのにヒーヒーいってます。
それと、右腕筋肉がないもんだから、起きているときは何もないのですが
寝てしばらくしたら神経があたり激痛になって3時間おきに目覚めています。
「5㌔、10㌔上がるには10月下旬が11月上旬、重労働は12月上旬」と
医者に言われてまして気長にせないかん。

5月1日からしばし自宅待機して9日の午後から
小松島病院での50日間リハビリ入院。
規則正しい生活をして軽い日常生活できるようになりました。
まぁ退院と同時に不規則な生活に戻りましたわ・・・・・・・

画像


午前と午後の一日2回のリハビリ(日曜は1回)

画像

画像


関節の可動性(柔軟性)トレーニングですが自分では無理。
理学療法士さんに手伝ってもらい他動屈曲や他動外転しました。
自宅待機があったもんだからもう関節ガチガチ。
入院して2週間過ぎた時、肩の中でクキッと音がして
そこからタガはずれたように上がるようになりました。

ちなみに小松島病院の理学療法士さん、男女ともに若い。
女子に当たるとラッキーと思いきやきついのなんのって。
男子の方がゆっくりとリハビリしてくれます。
女子は、剛の揉み、男子は、柔の揉み。

まさにリハビリ救世主伝説

北斗の揉み~~


女子はラオウ、男子はトキでした。
それよりたまらんかったのは週2回の回診で
H医師の回診。
強引に腕上げられ痛いのなんのって。
H医師、アミバやぁぁぁ。

う~~ン?上げすぎたぁぁ?

6月1日、術後42日目にしてやっと装具外れました。

画像


外れると筋肉すべて痩せてしまってるから
右腕重てぇぇぇぇ!!!!
装具外れると今度は、筋肉改善トレーニング。
大人の片腕の重量4㌔あるもんだからプルプル震えながら上げましたわ。

でっ今に至ってますが何もできないからストレス気味。
気長にせないかんの分かってますが・・・・・・
悪友がやってきて
「竿振り回したら治らぁぁぁぁ。」

治るかぁぁぁ!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック